HOME | 結婚式持ち込みカメラマン撮影のメリット・デメリット|Wedding Photographer ZAKY

結婚式カメラマンの持ち込み

結婚式の思い出を残す写真撮影を式場専属カメラマンにするか持ち込みカメラマンに依頼するかでお悩みの新郎新婦も多いかと思います。外部のカメラマンに依頼する理由やメリットは何でしょうか?
その一つが外注にする事によって費用が半分以下になる事による結婚式費用の節約、そして2つめとして、やはりこだわりの写真を撮ってもらえるという点だと思います。但し、メリットばかりではありませんので、しっかりとデメリットも把握して、おふたりの判断材料になれば幸いです。



持ち込みカメラマンのメリット

チャペルでの挙式シーン

メリット① 撮影費用を節約できる

外部の持ち込みカメラマンによる挙式と披露宴の撮影料金の相場は、5万円~15万円くらいですので、かなり撮影費用を安く抑えられます。式場と同じエリアの持ち込み業者ならカメラマン出張費もかからずおすすめです。
 

メリット② 自分達好みの写真を残せる

カメラマンを持ち込む理由として次に挙げられるのが、写真のクオリティ。
持ち込みカメラマンならネットで自分達のイメージに合った、好みのカメラマンを見つける事ができます。過去に撮影されたスナップ写真のサンプルをいろいろ見て探すと良いでしょう。
気になるカメラマンを見つけたら、実際に会ってみて、アルバムや他の作品を見せてもらい、おふたりのご希望イメージやご要望をしっかりと伝えて相談してみると良いと思います。

メリット③ カット数無制限で撮ってもらえる

持ち込みカメラマンのメリットとして費用面や写真のクオリティの他、撮影枚数を無制限で撮ってもらえます。カット数に制限がないので、新郎新婦だけでなく、ご家族や友人などのゲストの写真もたくさん撮影してくれます。実際に納品される写真データ数も式場に比べて多いのが特徴です。

メリット④ 事前にカメラマンと打ち合わせができる

結婚式でより良い写真を残す為にお二人とカメラマンとの相性もチェックした方がよいでしょう。
式場カメラマンでは当日までどんな方かどれくらいの経験の方かわからない場合もありますが、外注であればお二人の好きな写真を撮ってくれるカメラマンと直接お話する事もでき、話しやすいか相性が合うのか等、事前に知る事もでき、安心感にもつながります。
またお二人の不安や不明点等にも的確にアドバイスをしてくれるカメラマンなのかもわかります。

持ち込みカメラマンのデメリット

ケーキカット後のファーストバイト

デメリット① 持ち込み費用(結婚式場によっては持ち込み料はない)

外部のカメラマンを持ち込む場合、式場によっては持ち込み料がかかる場合があります。持ち込み料の相場は、3万円前後ですが、高い会場ですと10万円になる事もありますので、式場見学等の際に持ち込み料の有無を確認しておくと良いでしょう。
持ち込み料を節約したい場合は、カメラマンをゲストとして招待すれば料理代だけの追加になったり、持ち込み禁止の会場でも撮影ができる場合もあります。
式場探しの段階でカメラマンやドレス等の持ち込みが可能な会場だけを見学すれば、費用の負担がなく安心です。どうしても持ち込みが禁止の会場で式を挙げたい場合は、契約前に持ち込みに関して交渉するのもいいかもしれません。
持ち込み料を負担しても式場スナップ写真プランより安くなるカメラマンに依頼する事ができれば、このデメリットはなくなります。
 

デメリット② 撮影制限(式場によって内容は異なります)

結婚式場によっては外部の持ち込みカメラマンに対して、撮影制限を設ける会場があります。主な制限は、メイクルームの立ち入り禁止であったり、挙式中の制限がほとんどです。ホテルでの結婚式の場合、お仕度のメイクを客室で行えば、メイク撮影が可能になったりもします。挙式中の制限は、式場によって様々で緩い場合は、自由に動いても構わないが、祭壇に上がっていないけないという内容です。厳しい会場では、ゲストと同じように着席をして撮影という内容です。この場合は、バージンロード側に着席すれば、入退場シーン、指輪交換やキスシーン等も撮影が可能になります。
披露宴の撮影は、どこの会場も撮影制限はありませんので、新郎新婦によっては、挙式までは式場カメラマンで、フラワーシャワーから持ち込みカメラマンに依頼するパターンもあります。




以上、カメラマンを持ち込む際のメリット、デメリットについてまとめてみました。
デメリットである持ち込み料を負担しても式場カメラ撮影プランより持ち込みの方が安くなるのか、持ち込み料がかかってでも撮ってもらいたい気に入ったカメラマンがいるのかという費用面の点と、撮影制限がない、若しくは、緩い制限で普通に撮影が可能なのかという点をクリアにできれば、デメリットよりメリットの方が大きいのではないでしょうか。

結婚式当日の写真撮影プラン
前撮り撮影プラン